TSUISO1637号に紹介された本です。
[書名] クモマツマキチョウ飼育の覚書
[著者] 大橋賢由
[出版元] 越佐昆虫同好会
[体裁] B5・ⅴ+74頁
[刊行年] 2019年
[価格] 3,000円
(送料別)
[内容]
越佐昆虫同好会特別報告第6号、筆者の40年間に及ぶクモマツマキチョウとの格闘の軌跡。以下の6章で構成されています。

1.序詞:2度の長期累代飼育の発端。実践した交配法・採卵法・飼育法の裏話。課題に至る経緯。

2.交配:シロチョウ科など中型・小型ながら、比較的大きな交尾器を有する蝶類に有効であった補助具を用いたハンドペアリング法の一手法「紙挟み式(新称)」の解説。

3.採卵:累代飼育における採卵に有効な一手法「鉢植再現産卵法(新称)」の解説。

4.飼育:若齢幼虫時の共食を回避し、多湿を嫌うクモマツマキチョウ飼育に有効な瓶挿し飼育を主たる給餌食草にハマセンダンを用いた一例を解説。

5.累代飼育:1999年3月を起点としてはじめた、2度目の累代飼育の概要と2016年・2017年に観察した詳細な飼育記録。

6.総括:20年間の累代飼育を総括して個体群としての繁殖能力などについて考察する。

昆虫文献のトップページ


在庫のお問い合わせ・ご注文は
札幌・南陽堂書店 〒060-0808 札幌市北区北8条西5丁目1
電話0
11-716-7537 FAX011-716-5562 E-MAIL nanyodo@rio.odn.ne.jp